トップ

歯科で口内環境を健康に保つ

歯科でのメンテナンス

内科

歯科のうがい薬ならば

口内環境を健康に保つためには、定期的にブラッシング等のメンテナンスを行うことが大切です。そのメンテナンスの一環として歯科にうがい薬を勧められている方も多いでしょう。虫歯や歯周病を防ぐためには、口内のバイオフィルムを落とし、病気の温床になるような菌が増殖しないようにする必要があります。そんな時にブラッシングに合わせてこのうがい薬を併用することで、汚れを除去しやすくなり、口内の健康を保ちやすくなります。興味があるのならば歯科診療の際に気軽に相談してみると、きっと個人にあった適切なタイプのものを教えてくれるでしょう。

歯磨きの仕上げはうがい薬で

虫歯だけでなく、歯茎が腫れるなどで歯科にいくことはよくあります。痛みの緩和や、原因を取り除くことでの治療をしてもらいます。そのときに、いつも感じるのが日頃からのキチンとした歯の手入れです。普段から、キチンと歯磨きをしていても虫歯になることはあります。これは、口腔内が清潔に保つことができていないからです。最近の予防歯科では、この口腔内を清潔にするために歯磨きの最後にうがい薬で口の中を殺菌するように指導しています。歯磨きだけでは、取り除くことができない歯周病菌や虫歯菌をこのうがい薬で口をすすぐことで可能にします。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で口内環境を健康に保つ. All rights reserved.